「パンドラの鐘」を観て。
ホーム > 「パンドラの鐘」を観て。

「パンドラの鐘」を観て。

2022年06月24日(金)9:27 AM

 「パンドラの鐘」ポスター

 

 先日、シアターコクーンで「パンドラの鐘」を観劇しました。

1999年にシアターコクーンの芸術監督に就任した蜷川幸雄

が、野田秀樹氏に依頼して書かれた「パンドラの鐘」を今、ロ

シアによるウクライナ侵略戦争が起きているという折に観劇す

るとは・・・・。

 観終えた時に脳裏に浮かんだ言葉は「原罪」です。いつの時

代にも戦争や内戦は絶えず、今この時にも多くの人が戦火の犠

牲になっているのを考えるとこの言葉の持つ意味がわかるよう

な気がします。

 誰もが「戦争は恐ろしい、戦争は起こしてはいけない」と思

っているのに、奪い合い、殺し合い・・・悲惨な結果を産む。

これこそが私達人間の持つ原罪なんじゃないかなと。

 遺跡発掘、古代の王国の王女の殉死、長崎への原爆投下を

古代と第二次世界大戦前夜を行き来しながら物語はノンスト

ップで進行する。

 古典芸能の様式を取り入れた様な能舞台を想起させる四本

の柱だけでバックヤードが丸見えの舞台、「道成寺」の鐘そ

っくりなパンドラの鐘、コミカルな演技と熱い激情の炸裂す

る演技達者な俳優、あれよあれよと話は進み、えー!! そ

こに行くんだこの物語は・・・・、驚き!

舞台を観る前にあらすじなど読まなくて良かったです。

 これから大阪公演があり、映像配信もやるそうですが、や

はり舞台は生で観た方が100倍面白いですね。今回は久し

ぶりに一番前の席で観劇出来てより一層楽しめました。

おまけに終演後に成田 凌、葵 わかな、玉置玲央のトーク

イベントがあり、とてもラッキーでした。

 

 

 



«   |  

過去の記事