小唄『朧夜(春の夜)』のご紹介。
ホーム > 小唄『朧夜(春の夜)』のご紹介。

小唄『朧夜(春の夜)』のご紹介。

2019年04月16日(火)6:12 午後

   『朧夜』   作詞 長田幹彦 作曲 春日とよ

 

 春の夜の おぼろゝ の花の香に

  夢かとまごう東山

 鴨のながれに影うつす 柳がくれの月あかり

  露にぬれそな鬢つきも

 踊りがえりの うしろ影。

 

 この小唄は春日とよ(春日流の流祖)が、『祇園小唄』で知られた長田

幹彦に小唄振りの地として依頼して書いて戴いたものである。

 幹彦の『祇園小唄』はマキノ映画「絵日傘」の主題歌として、佐々紅

華の作曲、端唄の二三吉の歌で、昭和五年ビクター盤で売り出されて、

忽ち全国に流行し、今なお京都を代表する歌となっている。(「日本歌謡

集」)

 小唄『朧夜』の幹彦の作詞は、『祇園小唄』の亜流で特に勝れた所が

ないので、とよは色々と考えた末、上方小唄『京の四季』の「春は花い

ざ見にごんせ・・・の一部をつけて作曲して、小唄振りの会で発表して

好評を博した。 「昭和小唄その一」 木村菊太郎著より引用

 私は日本舞踊坂東流で坂東恋糸祥という芸名を頂き、以前はよく小唄

振りを踊っておりました。

 確かに小唄の演奏に踊りがつくとお客様はなお一層楽しめます。

春日とよはそのことにいち早く気付いて、「小唄」を広めるために小唄

振りのついた曲を何曲も作ったんですね。

 

 

 

 

 



«   |   »

過去の記事