小唄「止めては見たが」のご紹介。
ホーム > 小唄「止めては見たが」のご紹介。

小唄「止めては見たが」のご紹介。

2019年03月30日(土)11:20 午前

  「止めては見たが」 笹川臨風作詞・五世清元延寿太夫作曲

 

 止めては見たが 利かぬ気の

  帰りたいなら帰りゃんせ 空も朧に薄曇り

   春や昔の春ならぬ 月もないのに花の影

   移るその香にうっとりと

    「まあ静かな晩だこと」

 

 この小唄の主人公は若い芸者で、歌詞は見た通りの甘い物語である。

小唄は清元栄次郎の薫陶をうけた新橋芸者の新橋つる子(清元延はる寿)

によって開曲された。

 この時作詞の笹川臨風は66歳、延寿太夫は73歳、「春は昔の春な

らぬ・・・を中心にして「まあ静かな晩だこと」はこの頃の小唄界、花

柳界の流行語となるほど流行した。 昭和小唄 Ⅰ 木村菊太郎著より引用

 如何でしょうか?

「まあ静かな晩だこと」・・・引き留めたのに帰るといって利かない人

を見送って曇る気持ちに、ひっそりと咲く花の香りについうっとりとし

て独り言・・・佇む女性の姿が彷彿とさせられます。

 この最後の独り言でとても魅力的な小唄になっておりますね。

 

 



«   |   »

過去の記事