「樹木希林 120の遺言」を読んで。
ホーム > 「樹木希林 120の遺言」を読んで。

「樹木希林 120の遺言」を読んで。

2019年03月26日(火)12:27 午後

ジョン・エヴァレット・ミレイの名作「オフィーリア」

をモチーフにした企業広告。「死ぬときくらい好きにさせてよ」のキャッチフレーズと

ともに大反響を呼んだ。「樹木希林120の遺言」の表紙。

 

 昨年亡くなられた女優樹木希林さんが生前に語られたお話しを

まとめた本です。

副題は (死ぬときぐらい好きにさせてよ) ?!・・・。

 第一章から生、病、老、人、絆、家、務、死と全八章、樹木

希林さんならではの固定観念にとらわれないユニークで、それで

いて「そうなんだー」とちょっとほっとさせられる言葉の数々。

 今、生きていくことに倦み、得体の知れない不安に囚われてい

る人には是非お薦めの一冊です。

 芝恋が身に染みて納得できる言葉として冒頭の001の言葉を

紹介させていただきますね。

 

 幸せというのは「常にあるもの」ではなくて

「自分で見つけるもの」

 

 当たり前の事じゃないと思われる方も多いでしょうが、案外と

この当たり前の「自分で見つける」ことをせずに人の幸せを観て

羨ましく思ったりしてしまいがち。

人の幸せはその人の幸せ、世間や他人の価値観に惑わされずに

日々の生活の中に自身で喜びや楽しみを見つけて面白がる。

「自分で見つける」ということは主体性を持つことなんでしょ

うね。

 

 

 



«   |   »

過去の記事